ダンボール「ハンドスピナー」製作記録

ハイサイ皆さん、うぷあざ棟梁です。ハンドスピナーの製作記録を綴っていこうと思います。

発表日  :2017年5月29日

製作期間 :3日 

材料費  :約100円 

素材   :ダンボール、接着剤 

直径   :約7cm

幅    :約2cm 

緒元

  • 製作に至った経緯

 巷で話題のハンドスピナーですが、自作されてる方も結構いらっしゃるようですね~と、何気なくYoutubeを眺めていたところ、「ダンボールで自作」と銘打った動画がいくつかあるではありませんか!ほう、どれどれ…


…… 

「肝心なところは市販のベアリングかい!」

 

…はい、すみません。

何もベアリングを使う事に関して異議を唱える訳ではないのです。個人的な意地みたいなもんです。

という事で、ベアリング含め100%ダンボールという縛りを課して作ってみたのが今回のハンドスピナーです。

  • 製作開始

  まずは仕様の決定ですが、ダンボールで小さな球形を精度よく作成するのは至難の業です。よって今回はボール軸受ではなくころ軸受をもとに構想を練りました。軸を細くし、ころの数を構造が成り立つぎりぎりの個数である3個にし、極力摩擦力を減らす事を意識して設計し、同時に構造を簡略化しました。

 ベアリングをはめ込む「ガワ」ですが、なるべく重量を稼ぎたかったので円形にし、面積を広げました(これがのちのフラグになろうとは…)。

  • ​完成

  写真の比率と背景で国旗みたいになってしまいましたが、国旗ほどの威厳は全くありません。それどころか、ニコニコ動画ではコメントで「伊達巻」「パンジャンドラム」等と書かれる始末ですよ。

 さて、肝心の回転時間ですが…なんと17秒。微妙ですね。市販品には遠く及びませんが、紙に穴をあけて軸を入れて回しただけでは到達不可能な時間です。一応成功と言えるのではないでしょうか…?

 

 …せめて市販品の半分くらいは行きたい!

 

という訳でこちら、「ハンドリューター」君です。

​これをこうして…

こう!

キュイイイイイイイイイイイイイイイイン!!!!!!

 …手元にある市販品ハンドスピナーが40秒くらい回るので、半分回ればまあ及第点といったところでしょうか。冒頭で「肝心なところは市販のベアリングかい!」とか何とか言って、最終的にモーターに頼るとは、全く情けない。完全にネタ動画になってしまいました。

  • まとめ

 今回は「紙でベアリングを作ることは可能か?」という試みで製作してみました。結論としては「可能」です。回転数という観点では市販品に遠く及びませんが、荷重を受け止めて滑らかに回転させるという機能の面では、スピードを考慮しない用途で使用すれば実用レベルです。 今後何かの作品に使えるかも??

 あと、余談ですが、この作品。Youtubeに上げたところ60万再生を突破し、私の上げた中で最高記録の再生数となりました。「もっと建築とか本気のやつを見てくれ!」という作者の願いはまだまだ届きそうにありません。(笑) 

  • 関連リンク

ニコニコ動画

Youtube